夏山登山をより快適に!おしゃれなハーフパンツのおすすめ8選(パタゴニア・ノースフェイス・ユニクロ)

登山におすすめのハーフパンツ

春の心地よい時期が過ぎ、いよいよ夏が目の前まで迫ってきました。
そんな時に登山で活躍するのが「ハーフパンツ」

この記事では登山ブランドを中心にハーフパンツを紹介しておりますので
夏登山をより快適にするための参考になればと思います。

目次

登山でハーフパンツは危険?

以前より登山界隈では山にハーフパンツを履いていくことはあまり推奨はされていません。
なぜなら、ハーフパンツではロングパンツを履いているときのような膝下の防護性能や耐寒性能が損なわれるからです。
夏場ですと虫刺されのリスクも増えます。

しかしながら、決してマイナス面だけではなくハーフパンツを履くことによる恩恵も存在します。
それはロングパンツに比べて速乾性の高いものが多い事です。
単に布面積が小さいから速乾性が高いのではなく、使われている素材、ハーフパンツの仕様がそのようになっているからです。
だからといって素材が弱いわけではなく、最近のものは耐久性にも優れ「ハーフパンツは良くない」と一概には言えない状況になってきました。

ハーフパンツのメリット・デメリット

メリット
  • 膝の可動域が大きい
  • 速乾性が高い
デメリット
  • 膝下の怪我リスクがある
  • 脚が冷えやすい
  • 虫刺されの可能性がある

サポートタイツと併用しよう

ハーフパンツを履くことによって、膝下の怪我や脚が冷えやすいなどのデメリットについて触れましたが
”サポートタイツ”と併用することのよってそのリスクは軽減されます。

登山をされる方であればよく目にする光景だと思いますが、ハーフパンツの下にサポートタイツを履く”あのスタイル”です。
最近のスポーツ用のタイツはしっかりと科学に基づいて作られているので、筋肉をしっかり支えてくれますし体幹を安定させてくれる役割を持ちます。
もちろん肌の露出が無くなりますから防寒になりますし、怪我のリスクも抑えてくれます。

ですので登山は”絶対にロングパンツ”ではなくても大丈夫。
冬季以外はハーフパンツで登っても問題ないでしょう。

おすすめのハーフパンツ8選

【パタゴニア】バギーズショーツ

ハーフパンツの代表格といってもいいくらい人気のパタゴニア「バギーズショーツ
膝上までの丈ですので膝を曲げ伸ばしする際に一切のストレスがありません。

なんといってもバギーズショーツは水陸両用のハーフパンツなので速乾性に優れ、裏地にはインナーパンツが付いています。

パタゴニアの製品はリサイクル素材を使って作られているので環境にも配慮されています。

【ザ・ノースフェイス】フレキシブルマルチショーツ

参考:THE NORTH FACE公式サイト

その名の通りマルチの使えるノースフェイスの「フレキシブルマルチショーツ
股下が18cmで長すぎることも短すぎることもなく丁度良い。

背面にはポケットがありスマートフォンが収まります。
さらに撥水加工されているので少しの雨ならはじいてくれます。

【ザ・ノースフェイス】バーサタイルショーツ

参考:THE NORTH FACE公式サイト

軽量で乾きやすいナイロン素材を使用したハーフパンツ「バーサタイルショーツ
ブルー、イエロー、レッドなど発色のよいカラー展開があるのでオシャレさんは必見です。

さきほどのフレキシブルマルチショーツよりも丈が短めなので、可動域を増やしたいという方にはオススメ。

\メンズはこちら/

\レディースはこちら/

【マムート】トレッカーズ3.0ショーツ

参考:マムート公式サイト

軽量で伸縮性のある素材を使用し,前モデルのトレッカーズ2.0ショーツよりも動きやすさが一段とレベルアップしました。
2つのサイドポケットの他に,レッグポケットとヒップポケットを備え財布などの小物収納に便利。

撥水加工もされているので少々の雨も大丈夫です。

【カリマー】トライトンライトショーツ

参考:karrimor

撥水性、軽量性に優れたカリマーの「トライトンライトショーツ
ヒップポケットを2つ配置し、内側ポケットは携帯を想定したサイズに設定されています。

水抜き穴が付いているので水辺のアクティビティにも対応。

【ティートンブロス】ELV 1000 5in Short

参考:Teton Bros.オンラインストア

上質な質感が特徴の「ELV 1000 5in Short
前方部分にスリットが入っており脚を上げる際にパンツが邪魔になりません。

ジッパー付きのヒップポケットがあるので薄手のウインドシェルや小物が収納できます。

【山と道】5-Pocket Shorts

参考:山と道公式サイト

おしゃれハイカーさん御用達のガレージブランド”山と道”の「5-Pocket Shorts」も大変人気のハーフパンツです。

素材にこだわりぬいて作られたこのハーフパンツは速乾性と耐久性を兼ね備え、そのうえ軽量です。
なんといってもその特徴は名前の通り、5つもポケットが装備されていることです。
スマートフォン、財布はもちろんのこと一般的なサイズの地図を入れることも可能です。

人気過ぎてなかなか手に入らないことが難点ですが、”再入荷連絡”に登録しておくとメールが届きますので気長に待ちましょう。

【ユニクロ】スイムアクティブショーツ

参考:ユニクロ

最後はファストファッション界の王様、ユニクロから「スイムアクティブショーツ」を紹介します。
こちらは水陸両用のマルチに使えるハーフパンツで、表面は撥水加工がされており、インナー生地には通気性の良いメッシュ素材が使われています。

機能性やデザインはパタゴニアのバギーズショーツに近い印象ですし、低価格ながら他のアウトドアブランドのアクティブショーツに引けを取らない完成度の高いアイテムです。

あわせて買いたいサポートタイツ

サポートタイツはどんなものを履けばいい?という疑問もあるかもしれませんのでサポートタイツについても少し触れておきます。

品質を重視する方向けコスパを重視する方向けの2つの観点から紹介します。

品質・性能にこだわるなら

とにかくしっかりとサポートしてくれるタイツが良い!という方には「CW-X」のサポートタイツがオススメ。

CW-Xは下着などの肌着を作っているワコールが展開するスポーツブランドです。
実績とネームバリューがあるメーカーですから安心感がありますね。

参考:ワコール公式通販

そのなかでも人気が高い「スタビライクスモデル2.0」はトレッキングなどの長時間のアクティビティに対応するサポートタイツ。
CW-X独自のテーピング原理で筋肉疲労を抑えてくれますし、足を着地させた際の衝撃も和らげる効果があります。

サポート部位は「股関節、腰、ふともも、ひざ、ふくらはぎ」
UVカット率90%以上で女性にも嬉しい仕様となっています。

\メンズはこちら/

\レディースはこちら/

ジェネレーターモデル2.0もおすすめ。
こちらは球技やマラソンなどの負荷の強いスポーツに対応したモデルです。

サポート部位は股関節、腰、おしり、ふともも、ひざ、ふくらはぎ。

参考:ワコール公式通販

\メンズはこちら/

\レディースはこちら/

コスパ重視で考えるなら

サポートタイツにまでお金をかけれない、という方にはコスパの良い
アンダーアーマーやユニクロのサポートタイツがおすすめです。

アンダーアーマーのサポートタイツは伸縮性が高く、速乾性もあるので使いやすく
ユニクロのタイツはエアリズム素材が使われているので通気性が良く、UVカットの役割も果たしてくれます。

\アンダーアーマー(メンズ)はこちら/

\アンダーアーマー(レディース)はこちら/

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関西の山を中心に登山をしております。

今まで登った山は
富士山、奥穂高岳、槍ヶ岳、石鎚山、剣山
大台ヶ原山、伊吹山、八経ヶ岳、etc…

主に関西の山の情報や本などから得た知見を当サイトと
YouTubeにて発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる