くじゅう連山へ登山、そして人気の坊ガツルでテント泊【神戸→大分までフェリー】

2022年7月下旬、大阪から九州の「くじゅう連山」へテント泊登山へ行ってきました。

その際のアクセス方法やルート情報を共有しますので、参考にしていただければと思います。

目次

近畿圏から長者原までのアクセス

近畿からくじゅう連山へアクセスする場合、主には
・自家用車
・新幹線
・高速バス
・フェリー

以上の交通アクセスになります。

今回は時間はかかりますが船内で睡眠ができ、低価格で行くことのできるフェリーを選びました。
その際のアクセス方法をお伝えします。

神戸から大分までフェリー「さんふらわあ号」で

公共交通機関を使って「神戸港六甲ターミナル」へ向かう場合は
六甲ライナーを使い「アイランド北口」駅から無料のバスに乗車。

または阪神御影駅、阪急御影駅、JR住吉駅からバスに乗り向かいます。
こちらの駅からはバスの乗車料金が大人230円かかります。

WEB予約をすると10%OFFになるので活用しましょう。
また、復路割引もあるので帰りはさらに安くなります。

【乗船時間】
日曜ー木曜…19:00発→06:20着
金曜、土曜…19:50発→07:20着

最安値の「ツーリスト」クラス。
場所の指定はされているため自由に雑魚寝という訳ではありません。

カーテンは上半身部分しか隠れませんので最低限のプライバシーといった感じ。

とはいえ片道7,720円(時期による)で大分まで運んでくれますから満足です。
マットも枕もあるので普通に寝れます。

今回、フェリーに乗って正解だと感じた最大の点が”食事”です。

夕食1,500円、朝食620円でバイキング形式の食事を頂けました。
料理のクオリティも高く、かなりコスパの良いバイキングです。

ひつまぶし、カレー、刺身、揚げ物、デザートまであって
至れり尽くせり。

ただし食事も時期によって違うかもしれませんのでご理解を。

神戸港を出発して1時間ほどで「明石海峡大橋」の下をくぐります。

橋を渡ることはあっても、くぐったことは無かったので
貴重な経験ができました。

夜が明け大分港へ到着。
ここからは車移動です。

公共交通機関で登山口の長者原へ向かうには
別府駅もしくは由布院駅まで移動する必要があります。

※フェリーの金額や発着時間は2022年7月時点での情報です。

大分駅から長者原まで

長者原ビジターセンターを目指し、車を走らせます。

途中で24時間営業のマックスバリュがあったので、そちらで食料を購入。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関西の山を中心に登山をしております。

今まで登った山は
富士山、奥穂高岳、槍ヶ岳、石鎚山、剣山
大台ヶ原山、伊吹山、八経ヶ岳、etc…

主に関西の山の情報や本などから得た知見を当サイトと
YouTubeにて発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる